POSレジ導入のメリットとデメリット

posはpoint of salesの略称で、日本語では販売時点を示す言葉です。レジは登録機を意味するRegisterの略称です。個人経営の店舗でよく使われている直接値段を入力するものがキャッシュレジスターと呼ばれるシステムです。その場で顧客と取引をした金額を登録することからその名前がついています。posも利用するのは販売時点で同じですが、目的は情報管理です。その場で金額を登録するのではなく事前に登録した情報から購買品の出納を登録します。その登録された情報は集約されて在庫管理に利用したり、顧客の情報と併せて年齢別や性別による売れ行きの違いなどを集計して発注の時の参考として利用することができます。そのような情報の利用ができることがPOSレジと通常のレジスターとの違いです。

POSレジを導入することのメリット

情報の集約が必要なければposシステムの導入は不要と言うことはありません。他にも導入することによるメリットがあります。例えば入力ミスの低減です。レジスターでは都度値段を入れる必要がありますが、posシステムでは事前に入力されている情報の選択で金額の登録が行われます。そのため入力金額の誤入力を減らすことができます。また複数購入によるディスカウントなどの条件も事前に登録しておくことで自動的に行うことができるため適用をすることを忘れたことで顧客への不信を受けるリスクを減らすことができます。従業員の経験や知識も必要がないため直接入力の場合と比べて会計にかかる時間を減らすことができます。顧客にとって時間をかけたくない会計を短時間にすることができて、ミスも少なくすることができれば顧客の満足度を上げることができます。

POSレジを導入することのデメリット

導入することはメリットだけとは限りません。記憶装置や表示など多機能な分、通常のレジスターよりも導入金額が高い傾向があります。集計ができる程度の性能を有する制御装置が必要になるためパソコンと同じぐらいのハードウェアが必要になります。そのため機能が増えるだけ高額になります。ただし、集計に時間をかけて従業員に残業をお願いするぐらいであれば人件費で同じぐらいの費用がかかっているかもしれません。その他に準備の時間が必要になるデメリットもあります。直接入力するレジスターと異なり、事前に値段や条件を入力する必要があります。それはposシステムを導入しない限り必要にならないことです。一度構築してしまえば更新するだけなのでそれほど負担にはならないかもしれません。

もっと向上していきたいお店をお持ちの方々をトータルサポートしていきます。 飲食店を経営されている方にとってより良い運営を目指すための環境作りをお手伝いさせていただきます。 POS+beautyが美容専門誌 「HAIR MODE」に掲載されました。St新しい形のタブレット型POSによってお店をより効率的に管理することが出来るようになりました。 POSレジで店舗業務を効率化!