初心者でもよくわかるPOSレジの仕組み

お客様の購買傾向や、商品の売れ行きがリアルタイムで分かったら、経営者としては次回の集客や店舗運営の改善に役立てられて便利です。お客様を店員やスタッフが逐一観察し続けるわけにはいきませんし、商品が売れた度にチェックして経営者に報告するのも現実的ではありません。しかし、これが会計作業と同時にやることができるとしたら話は変わってきます。例えばコンビニエンスストアの会計の時にお客様が購入したものを瞬時に複数チェックして、瞬時に経営者側に報告できるようになれば、次に何を発注すればいいのかわかります。これにより、売り切れを回避して売るチャンスを逃さずに済むようになります。データが集まっていけば、お客様の購買傾向を把握することもできるようになります。これを実現するのがPOSレジです。

売れた瞬間に情報管理ができるシステム

POSレジのPOSは、Point-Of-Sales(販売時点情報管理)の頭文字からとった造語です。商品が売れると同時に売り上げに関連するデータを自動的に記録するシステムのことをPOSと言います。どの商品が、いつ、何個、売れたのかといった情報を管理することができます。他にも、お客様の年齢や性別層、クレジットカードや現金などの決済手段といったお客様や決済手段の情報を結びつけて記録できるPOSもあります。商品の売り上げを個別に記録することで、売れ筋商品を把握したり、客足の多い時間帯、曜日などの具体的な情報を把握できるようになります。これにより、経営者側では売り上げ管理や分析情報の効率化を図ることができます。バーコードを専用のリーダーで読み取って会計できるので、打ち込み式のレジと違って入力ミスも防ぐことができます。

リアルタイムにデータを確認できる

普通のレジの場合は、営業時間が終わってから1日の売上計算や在庫状況を報告する必要があります。会計と売上管理は別の作業で、二度手間になってしまいます。これに対してPOSレジは、商品が売れた時点で売り上げに関するデータを記録して蓄積することができます。営業時間に関係なく気になるデータを閲覧することも可能です。商品の在庫が少なくなってきたら自動的にアラートが出る機能を持つPOSもあるので、スピード重視のコンビニエンスストアでの販売に役立ちます。品薄に後で気づいて慌てて発注するというトラブルもなくなります。1日の売れ行き動向をリアルタイムで把握することができるので、陳列方法や在庫状況の問題に素早く気づいて、柔軟に対応できる可能性も高くなります。また、従業員の勤怠時間を把握する機能がついているPOSレジもあります。