POSレジを導入するために掛かる費用

個人のお客様を迎えるお店を始めるときに必ず必要になるレジ。会計の計算だけでなく現金を収納する金庫であったり、レシートを印刷する必要不可欠な機能を一手に担います。ある程度の規模の店舗であれば売上情報を集約し、分析をすることでさまざまな売上分析や顧客動向の把握が必要になってきます。そういった分析情報を集積するための機材としてレジを利用するPOSレジというものが現在の主流になっています。リアルタイムでの売上情報が分かる非常に強力なビジネスツールとしてのレジですがどのような種類があったり、どのようなオプションがあるのか、また便利な機械であるぶん導入費用は高額なのでは…と疑問に思う点もあるのではないでしょうか。では、このPOS機能を搭載したレジの導入に掛かる費用の目安を見ていきましょう。

POSレジに必要な機材や費用とは

基本的な構成としてはレジ本体とキャッシュドロア、レシートプリンターのセットで概ね50万前後の費用がかかるようです。また中規模以上の飲食店ではこれに注文システムとの連携機能を追加することで全体としては140万前後〜の費用が掛かるようです。また、POSで収集したデータの処理や分析のためにPCやデータベースマシンなど、数台のコンピューターとネット接続機器などが追加で必要になりますので総計では200万近くの費用が必要です。また最近では低価格でありながら高性能化が進んだタブレットをレジとして利用する例も出てきました。今まで専用の機材とPCが必要だったものがレシートプリンタとキャッシュドロアを追加するだけで導入費用を専用機の半額以下に抑え、安価にシステムを構築することも可能になっています。

POSレジをより便利に使うために必要なものとは

POSレジの最大のメリットは売上情報のリアルタイム集計と収集情報の分析に役立つ点に尽きます。こういった情報を有利に使いこなし、効率的な経営のための改善に繋げるには適切な分析が不可欠です。では、分析はどのように行ったらいいのか、何を勉強すれば経営に必要な分析が学べるのかと考えられると思いますが、POSデータの分析サービスというものがあります。毎日の営業で収集したデータを送信したり、専用のソフトをダウンロードすることで店舗の売上データからさまざまな視点から分析・検討を行ってくれるので経営に必要な情報を即座に得る事が可能になります。POSから得られる売上情報は多岐に渡り、店舗が多く管理が煩雑なケースであるほどその効果が大きく発揮されます。在庫管理や発注予測から顧客動向の把握や販促の実施や効果測定までPOSのデータは強力に役に立ちます。