POSレジ導入をお考えの方へのアドバイス

どんな企業でも売上があって初めて利益を出すことができます。売上げを上げるためにはお客様とか取引先に商品やサービスを購入していただかなければいけません。そして、次に大切になるのは売上げを管理することです。売上げを管理するとは「お客様もしくは取引先が購入してくれた理由」を把握することです。ただ漠然と「売れた!」などと喜んでいるだけでは、仮にその時点で売上げが高くてもいつしか売上げは低迷します。売上げを作るということはそれほど難しいものです。POSレジというシステムはこの「購入してくれた理由」を分析するため役に立ちます。お客様や取引先が少ないものであったなら分析するのはそれほど難しくはありません。しかし、多数のお客様や取引先の場合は困難です。それを可能にするのがPOSレジです。

飲食業や小売業に最も貢献する理由

世の中にはいろいろな企業がありますが、不特定多数のお客様を相手に売上げを作る業種といいますと、飲食業と小売業です。周りを少し見渡せばファミレスやコンビニやスーパーなどがたくさんあります。それらの業種では一日に来店するお客様は軽く数百人を超えるはずです。間違っても数十人しか来店しないということはありません。そのようなお店は存続することが不可能のです。このように一日に数百人が来店するお店であっても、やはりお客様を分析することはとても大切です。なぜ、来店して購入してくれるかをきちんと理解していないと必ず売上げは落ちます。飲食業や小売業に共通するのは競争が激しいことです。その競争に勝ち残るにはお客様の購入状況を分析することは必須条件です。POSレジではお客様の年齢から来店頻度、購入実績がわかります。

導入することによってわかること

これまでスーパーなどで買い物をしますと、合計を自動で計算していました。その金額をみてお金を払っていました。お店側にしますと、レジは金銭を管理するだけの道具でした。しかし、POSレジでは「誰が」「「いつ」「なにを」「どれだけ」購入したかなどに関してすべて統計を取り分析まですることができます。もっと具体的なメリットは精算業務まで行ってくれることです。これまでのレジのようにお金の精算業務を人手によって行う必要ななくすべて自動で精算してくれますので担当者は現金を合わせるだけで業務をこなすことができます。こうしたメリットは従業員の負担軽減につながります。もちろんこのメリットによって募集もやりやすくなります。ですが、一番のメリットはやはり分析です。お客様の動向を知ることによって効率的な販売方法を考えることができます。